コシヒカリの特徴

新潟の代表するお米といえば何と言ってもコシヒカリ。コシヒカリと聞くだけでお腹が空いてきますね。コシヒカリといえば、美味しいお米と思う人も非常に多いと思うのですが、産地によって味は全く異なり、必ずしも美味しいとも言えないのです。コシヒカリの特徴と言えば、しっかりとした旨味があって、ツヤもあり、何と言っても粘りが強いです。ご飯をゆっくり味わいたい方にはぴったりです。ご飯だけを口に入れた時にゆっくり米を味わえるのはコシヒカリです。重い粘りと柔らかさもコシヒカリの長所ですが、塩気があるものが好きな人にはぴったりなお米と言っていいでしょう。米自体の味が濃いので、薄味のものを食べると味が負けてしまいます。また、粘りが強いのもあって、チャーハンや丼ものにするとベチャベチャしてしまい、美味しく仕上がりません。そして重いのでお腹にこもる感じがします。朝は軽く食べたいという人には不向きなお米の気がします。濃い味のおかずが好きな方には大変強くお勧めするお米です。

コシヒカリの由来

日本の畑の作付面積のうち3分の1以上がコシヒカリと言われているほど、日本では人気のコシヒカリ。ブランド米にもなり、今ではアメリカでも栽培されています。1956年に福井県で開発されたコシヒカリ。なのでどうして福井県でできたのに新潟のイメージがついたの?と思う人もいると思います。実はコシヒカリは開発後、すぐに福井県から新潟県の推奨品種に指定されているのです。コシヒカリから新品種として、「秋田小町」、「はえぬき」、「一目惚れ」「津軽ロマン」なども開発されています。

コシヒカリの産地

コシヒカリの産地は、東北から九州までと日本全国で栽培されています。新潟県で特に有名なのは魚沼産のコシヒカリです。気候条件が恵まれているので日本ではここ何十年も魚沼産のコシヒカリが最高食味評価の特Aランクを獲得しています。コシヒカリはすでにブランド米として高い位置を確立していますが。魚沼産コシヒカリはコシヒカリを栽培している産地の中でも最高クラスのブランドとして高く評価されています。コシヒカリの旨味を作るバランスとはアミローストアミノペクチンとタンパク質のことであり、これらはお米の食味判断基準として使われています。食感や、粘り、味の強さなど総合的に見て良いバランスがいいお米が良いお米と評価されます。

他のブランド米

上記ではコシヒカリのことをメインに上げましたが、他にも美味しいお米はにあります。代表的なものがササニシキです。以前はコシヒカリと肩を並べるほどの人気がありました。ササニシキの特徴としては、コシヒカリと違い粘り気が少なく、さっぱりとしていて、食べたら軽い感じがします。また、比較的栽培しにくいお米でもあります。ササニシキはサラサラしているお米なので、チャーハンやカレーに非常に合うお米です。まあ、最高級のお寿司などにも使われることが多いお米です。

次にあげられる種類の一つとして「ひとめぼれ」があげられます。現在日本の中で生産量第二位となっている一目惚れの特徴は、大粒であり、味が淡白なことです。また食感はやわらかくさっぱりとした味わいです。またひとめぼれは、コシヒカリを母体とし栽培されたものなので、基本的な特徴はコシヒカリとほぼ似ています。

まとめ

元々コシヒカリは病気にかかりやすく、背丈が高いので倒れやすく稲刈りする時も非常に大変で栽培しにくい品種だったそうです。それを農家の人はもっと人に美味しく食べてもらえるように、品質改良を重ねに重ね、お客様のニーズに応えるように頑張ってきました。時代の変化にも合わせて美味しいお米を作ってきたのです。お米を食べる時って幸せですよね。日本人はお米と少量のおかずさえあれば生きていけると言っても過言ではありません。仕事の後、お腹がすくランチ、ちょっとパチンコ店に行ったり、オンラインカジノで遊んでいるときなど、小腹が空いたらお米はいつでも私たちの空腹を満たしてくれる存在ですね。オンラインカジノはインターネット環境さえ整っておればスマホやタブレットからでも本場のカジノ同様のゲームを楽しめるネットカジノサイトです。おにぎりを食べながら遊ぶのも冬の楽しみの一つですね。