お米は日本人の主食ですがrice、主食以外にもいろいろな食品の材料として用いられます。お餅や白玉などは比較的よく食される部類の食品だと思いますが、おかき、あられ、おせんべいや、もなかの皮といったお菓子も、米を主原料とした伝統的な日本の食べ物の1つです。日本の大手米菓製造会社の半数は新潟県にあります。これは、原材料の米が現地で調達出来る事も一役買っていると考えられます。現在では、新潟県の農家で契約栽培された選ばれた米を用いて高級な「グルメ」とも呼べる米菓を作る会社もあります。グルメとは少々異なりますが、新潟県に拠点をおく
複数の製菓会社の商品である「ばかうけ」や「ハッピーターン」などは、年間1000億円近くも売上げる日本の代表的なお菓子です。これらに全国各地の地域限定の味付けをした商品なども登場し、一種のブームとなっています。