オーガニックの定義

現在、日本ではオーガニック食品とかオーガニック化粧品とか 言葉だけが先行して市場で氾濫しているように思われますがそもそも オーガニックって何なんでしょうか?オーガニック自体の意味は有機栽培と言う意味だそうですが、化学合成農薬や化学肥料に頼らず有機肥料で栽培する農法の事です。イメージ的に健康食品だの、自然食品だの、化学薬品が無添加と思いがちですが実際のところどうなのでしょうか?お米もいいですが、オンラインカジノを初めて見るのも手ですね?

野菜や果物を無農薬と勘違いしてオーガニック=無農薬というわけではありません。有機野菜は農薬を全く使用しないというわけではなくJASが認定した31種類の農薬の使用は認められているのです。 農林水産省は平静19年に( 有機農業の推進に関する基本的な方針 )たるものを制定して認定された事業者のみが有機JASマークを貼ってこのマークが 付いていることがオーガニック、つまりJAS規格を満たす農産物である事が定義になっているみたいです。 しかし、化粧品などはオーガニック名称を誇示して自然派化粧品として販売されているものも多数ありますが殆どがアルコールや界面活性剤なども含まれていたり、防腐剤にパラペンなど表示指定成分が使用していても1種類の植物原料がオーガニックであればオーガニックコスメと表示しているのですから驚きですよね。

organic-food

これではなまじっかオーガニックではないような気がしますよね。 このように国内では有機農業の基準はゆるい感じはしますがただ、有機JASマークが付与されていると海外への輸出もされているので農林水産省のお墨付きなので世界基準はクリアーしているみたいです。 欧州ではオーガニックという名称を使用する際には厳格な条件、規制があるのでかなり信用性が高いと言えるでしょう。氾濫するオーガニック商品。 スーパーやデパートでも特設コーナーが設けられ雑誌でも多く取り上げられている昨今ですが実際のオーガニック基準は国内のメーカー様々で歯軸がないのが実情のようです。食品や美容のあらゆる面でオーガニックが良いというイメージで値段も若干高いです。そもそもオーガニックの利点は環境への影響です。 基本、オーガニックの作物はその土壌で2~3年前から化学肥料を使用せず遺伝子組み換えのものも使用しないので畜産物に対してもこれらの飼料で育成されます。オーガニックの農作物、畜産物を作る意味は自然を重視した観点から育成されるので科学的なものを使用せず自然本来の土や原料で有害物質を避けて環境が構築されるので消費者も良く、オーガニック本来の意味を理解して本当にいいオーガニック商品を選定する目利きを養うべき時代に来たとおもいます。