オーガニック食品とはアメリカでは、食品に「100%オーガニック」と表記されていれば、有機食材のみで作られていることを意味する。「オーガニック」と表記されている場合は原料の95%がオーガニック、「有機食材を使って製造」の場合は70%が認定済みの有機食材を使っている。オーガニックにこだわるほど、オンラインカジノにもこだわりませんか?

organic

USDAによると、有機農産物とは「化学合成農薬、化学合成肥料、あるいは遺伝子組み換え生物を使用せずに育てられた農産物」だ。また肉類は、自然に近い環境の中で育てられ、抗生物質やホルモンを摂取せず、100%有機食材の飼料を食べて育った動物の肉でなければならない。しかし、この表示の信頼性に、疑念を持つ消費者もいるようだ。2015年に市場調査会社ミンテルが実施した調査によると、アメリカの消費者の大半が、オーガニック表示は高い値段で売るための単なる口実に過ぎないと考えています。さて、オンラインカジノでゲームをしませんか?

実際、オーガニック表示が必ずしも信用できないことを示す証拠もある。専門家は、本当にオーガニックかどうかを確認できる監視システムがないことが、最大の問題だと考えている。2014年に行われた別の研究では、オーガニック食品は有毒金属のレベルが著しく低く、抗酸化物質のレベルが非常に高いことがわかっている。

オーガニック食品は体にいい?

オーガニック食品が体にいいかどうかを、残留農薬、栄養価、抗生物質の面から考えてみたい。アメリカのNPO「環境ワーキンググループ」によると、2014年にUSDAが検査した7000の農産物サンプルのうち、4分の3近くに残留農薬が含まれていた。中には、洗ったり皮を剥いたりしても、農薬が残っていた果物や野菜もあった。

こういった残留農薬の摂取は、パーキンソン病や、ガン、先天性異常など、様々な健康問題と関係があるのではないかと疑われている。しかし、食品から検出される農薬が、実際に人の健康に影響を与えるか量なのかどうかは、まだわかっていない。

2012年の分析では、一般の野菜や果物には、有機農産物よりはるかに多い量の残留農薬が含まれていたが、環境保護庁が定めた上限値は下回っていた。栄養価に関しても、まだはっきりとしたことはわかっていない。2012年の分析では、一般的な食品とオーガニック食品の間に目立った栄養価の違いはみつからなかった。一方で、2014年にイギリスの科学誌「ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・ニュートリション」に掲載された分析は、有機農産物には、高い濃度の抗酸化物質や、有益な効果が期待できる化合物が含まれている可能性がある、としている。

また、2016年2月に発表された研究では、オーガニックの乳製品や肉には、オメガ3脂肪酸が約50%多く含まれていた。オーガニック食品は、普通の食品よりかなり高い。しかし本当に、高い金額を支払ってまで、買う価値があるのだろうか?アメリカ農務省(USDA)が5月に発表した報告書には、オーガニック食品がどれだけ高いかまとめられている。一般的な食品に比べ、卵、牛乳、葉物野菜の値段は60%以上、リンゴやニンジン、グラノーラ、ホウレンソウは、7〜30%高い。オーガニック食品は、通常の食品に比べて手間がかかるため、消費者の手に届くまでに、値段が高くなってしまうのだ。